關於部落格
  • 264633

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

[薔薇向]紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳(有載點)

 首先~好像很久沒發遊戲了!雖然這遊戲是2008年發售的~算有點年代久遠!!剛剛我看了一下畫風,總覺得有總熟悉感,原來....是大正相關製作公司出售~可是大正已經被我.....嗯....




★故事

それは、妖怪と人が共に生きた日本。

舞台は日本、時は江戸。
妖と人は互いに境界を保ちつつも、時に混ざり、時に相反しながら共生していた時代。
妖と人間の間に産まれた半妖・藍丸は江戸の町で何でも屋を営んでいた。
そこにある日「行方不明になった夫を捜して欲しい」という依頼が舞い込んでくる。
そこで藍丸は共に暮らしている妖・雷王と弧白と共に依頼主の元に向かう。
すると奇妙な現象が起こっていることを知る。

---まるで刀に魅入られたように、人が姿を消し、狂っていく---

江戸で起こっている妖刀事件。
事件を解き進めていくうち、藍丸は事件に隠された深潭の闇を見る…。

★人物介紹

半妖
江戸の街・浅草で人間として、何でも屋を営んで暮らしている。
三歳の頃に母親が死亡し、それ以来雷王、弧白をはじめとする妖達と暮らしている。

「俺は半分で、両方だ。だからこそ分かることもある」

妖としての能力は緋の炎を出し、攻撃出来ること。
好きなものは和菓子の金鍔。いつの間にか集まってきた他の妖怪に身支度の一切をさせている。妖怪達は喜々としてそれをするので実際の生活能力は低い。
自分が半妖で、なおかつ力がある所為か他の不幸な境遇の妖の面倒も見ている。
いつも煙管で煙草を吸っているが、煙管の中には極楽蝶という妖が住んでおり、いざと言う時には小太刀に変わり藍丸の武器となる。
体術・剣術共に得意。

CV.上河 創(かみかわ はじめ)

 



藍丸の母親に主人公の後ろ盾を頼まれてからずっと一緒にいる。
それ以来藍丸の教育、また身の周りの世話などを引き受けている。

「お前の母親は、お前が人として生きることを願っていた。俺はそれを守り続けて行くだけだ」

闘いは肉弾戦が中心。雷、の名の通り雷を纏って攻撃することが多い。
本能で動く妖達の中にあって思慮深く、豪奢な事を好まない質実剛健を旨とする性格。

CV.犬野 忠輔(いぬの ちゅうすけ)





いつの頃からか藍丸と共に居る妖。
雷王が人間として生きることを主人公に勧めるのに対し、弧白は妖として生きることを勧めていく。

「おや…、ただの儀式なのに、舌を入れられて興奮したか?」

自分ではあまり戦わず、従属に戦わせる。従属が消滅しても構わないと思っている。
自分の本意はあまり見せず、藍丸の言葉に従う。従属する快楽にしたがっている妖らしい妖。

CV.ルネッサンス山田(るねっさんす やまだ)


人間
  長い髪を後ろでまとめ、大刀を二本差している浪人風の男。
 表情を変えることは少なく他者とあまり関わらない性格だが、一度懐に入れた相手に対しては情が厚い。

「…殺しはしない。ただ消すだけだ…お前の、妖の半身を」

 突然藍丸に剥妖刀を突きつけ窮地に立たせるも、 ぎりぎりのところで今日丞に邪魔をされ逃げられる。加えて「衆道の犯罪者」呼ばわりされたことに憤慨し、今日丞とはその後も犬猿の仲となる。
 持っている剥妖刀は非常に力に溢れており、その刀を使う為にある契約をしている。桜螺、という華やかな名はその為のものである。

CV.丈 隆志(じょう たかし)



人間
  長い髪を後ろでまとめ、大刀を二本差している浪人風の男。
 表情を変えることは少なく他者とあまり関わらない性格だが、一度懐に入れた相手に対しては情が厚い。

「男を襲ってお縄になる位なら、陰間でも買えば良いものを…」

 依頼の為、藍丸に刀を突きつけている桜螺に対して挑発的な態度を取るなどあまり気に喰わない人物に対しての態度はやや慇懃無礼で、加えて修めている剣術や考え方の違いから、後々まで桜螺とは相容れない存在となっている。

雷王や弧白からは、今日丞の気配の無さに警戒されている。

CV.北野 大地(きたの だいち)



 藍丸を憎み、殺そうとする蜘蛛の妖。
 いつも無表情だが、藍丸のことになると目の色が変わる。

「殺してあげる……、殺してあげるからね……藍丸!」

 暫くの間ある人物を探していたが、既に此の世に居ないと分かるや藍丸を見つけ出し、殺そうとする。
ある出来事が切欠で藍丸に歪んだ想いを抱くようになり……。

弧白とは面識がある。

CV.先割れスプーン(さきわれすぷーん)



冷酷な性格で、絶対者たる力を持つ。 

「肉体の感覚があるというのは、良いものだな……」

CV.??



 非常に永い時を生きている大妖。羽織役であり、沢山の従属を持つ。
 人間の世界では大店を営んでいるが、裏の顔は様々な道具から違法薬種まで取り扱う闇の商人。藍丸と同じように依頼を受ける事もあり、今まで何度か藍丸と対立している。

「――逢い引きならば、お前の閨(ねや)でというのが、一番の本望だが……」

 妖はただ存在そのものであり、善も悪も存在しないという考え方を持つ。それ故、従属に後ろ暗いものが居ても気にはしない。
 嘉祥という名前は本当の名ではない。生まれたのが余りにも昔だったため、名前すら忘れてしまった。そのため覚えのある年号から名をとっている。よって「嘉祥」は「仮称」という意味も含んでいる。
 そんな彼にとって、歳若い藍丸は赤子同然である。

CV.一条和矢(いちじょうかずや)

 

 

 



 元は平安時代に作られた帯が妖化し、今に至る。嘉祥の従属として完全に服従しており、仕事では伝言役などを務めている。
 藍丸達とも交流があり、妖刀の依頼を持って来たのも襲である。

「嘉祥様……!」

 妖として強い力を持っているわけではないので、弧白などにはぞんざいな扱いを受けることもある。しかし自身を移動させたり、物を一瞬にして遠くに飛ばすなど「狭間」を使役するという特殊な能力をもっており、珍しい存在である。
 美しい帯や布が好き。人間は好きではない。

CV.木戸隆也


剥妖刀
 桜螺の住む村を守っていた神。人間に望まれ神となったもので、憑神といわれる存在。
 信仰によって力を強めも弱めもし、正統なる血筋のものが蝶寵を使役することにより真価を発揮する。
 優しい性格で、桜螺のことを自分の弟のように慈しんでいる。

「桜螺……、我が愛し子よ」

 ある晩村に夜盗が襲い掛かる。最後にたった一人助けることが出来た子どもへ「桜螺」という名を与え、名を以って自らの力を使う契約をする。
 桜螺が力を行使する程に身は削られていくが、苦しみを表に出す事は無い。

CV.師太郎

★CG













★體驗版
載點過多@@,請至官網下載囉~~前往

★正式版

因為上傳者不是我~所以想玩的親們請自行去下載囉!不用論壇幣也不用權限!前往

★壁紙

   


★BANNER





相簿設定
標籤設定
相簿狀態